白馬岳SUPER SLOW TREK隊だよ♪ 第1話

レポ: 北アルプス
09 /01 2008

いよいよ白馬岳の本編レポートをUPしま~す

が、かなり『くだけた』内容になっておりますので・・・
この記事をUPするのも随分悩みました
先に、崩落事故に対する私の考えを読んでいただけると幸いです

 ⇒『白馬大雪渓崩落に対してとレポUPについて』は(→こちら

   


 


 


 ⇒『白馬岳の2万5千分の1 ルートMAP』は(→こちら



・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆



あ~あ~ 本日も晴天なりぃ~{/晴れ/}
あ~あ~ 本日もテンションMAXなりぃぃぃぃ~


本日はお友達の熱いリクエストにより実現した
{/ピカピカ/} 白馬岳登山の日 {/ピカピカ/}
『マッチ近藤』以来の大型新人としてアルプスデビューを果たす
可愛いいMちゃんも一緒で~す

ピカピカの青空に見守られながら猿倉6時30分にしゅっぱぁ~つ
山頂には12時ちょっと過ぎに到着する予定でございます(^u^)



         青空って気持ちいいなぁ~(再掲^^)           






白馬尻小屋→こちら)までは平坦な車道でとっても楽チン
お喋りしたり、鼻歌交じりで歩いていきます(#^.^#)

・・・で、白馬尻につくと、ヤマケイJOYでお馴染み?の(←たぶん^^)
おつかれさん!ようこそ大雪渓へ』の岩が出迎えてくれます
ワタクチこれに会いたかったんですよね~ 
さっそく群がって写真撮影です(^∀^)


そしてここで真夏のフェスティバル・・・
テレ娘ブログ10万アクセス大感謝祭』が盛大に行われたのでした{/チョキ/}
 ⇒詳しくは(→こちら)でネ

.。゚+.(´▽`)゚+.゚ソ~レソレソレ お祭りだぁぁぁ~



          この写真は次回も登場予定(^_^;)





白馬尻でた~っぷり休んだら(チト休みすぎです^^)
・・・・いよいよ・・・・

白馬大雪渓にとつにゅうだぁぁぁ~

まだまだSUPER SLOW TREK隊は皆、すこぶる元気
この日のために友人知人からかき集めた?
軽アイゼンをはめて、Mちゃんの雪渓バージンもここで奪われ・・・{/複数ハート/}


           かなり余裕の面々






本日はSunny Sundayなので、大雪渓上はヒトヒトヒト・・・
グレイシー一族も、EXILEも、びっくりしちゃうような
赤の他人との白馬トレインがどこまでも続きます

そして、雪渓に入るとスグ石がゴロゴロ転がっているので
落石には十分注意しながら足早に登ります・・・がっ


  ・・・・ピーポー ピーポー・・・・

おっと!! ここで!!! 緊急事態発生!!!!

  ・・・・ピーポー ピーポー・・・・



          すでに落石がたくさんあります




  ・・・・ピーポー ピーポー・・・・

早くもMちゃん限界で~す

完全にストップしてしまいました 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァァ~ン



休めばいいのだけれど、落石・滑落のリスクが大きい雪渓上で
これ以上休んだりペースを落とすことは危険と判断し
Mちゃんのザックを子亀にして
旦那様が、急いで自分のオスプレー(親亀)にくくりつけます



           がんばれぇ~ Mちゃ~ん






スゴイゾ旦那! .。゚+.(´▽`)゚+.゚ イェ~イェイ 
いかすぜ旦那! .。゚+.(´▽`)゚+.゚ ソレソレ
シビレル旦那! .。゚+.(´▽`)゚+.゚ ヒューヒュー

・・・・B型って・・・・
た ん じ ゅ ん で 、 お ち ょ う し も の な の で 
おだてれば私のザックも持ってくれそうな勢いネ(^∀^)プッ




結果、あぁ~あ哀れ・・・
大雪渓をザック2個背負って登っているおバカちゃんが約1名
(戻ればいいのに・・・とは、突っ込まないでね^^)




           ↓


         こんな感じで

           ↓

       鼻水も出てます

           ↓
  
      でも、そんなに重くないらしい

           ↓

    何故なら・・・変態変人だから

           ↓


   






この辺りは杓子岳側からは大きい石が
トストスという小さい音とともに断続的に転がってきて
白馬岳側からは音も無く中くらいの石が転げてくる有様で・・・

飯豊山石転び大雪渓でもこんなに頻繁には転がっては来ないよ~
ヽ(#`Д´)ノゴルァ~ ・・・と、少々ぼやきたくもなりますが


それでも天狗菱が見えてくると・・・
ようやく長~い長い大雪渓もおしまいです(*^~^*)ホッ



        そろそろ大雪渓から開放されます






足早に歩いているつもりなのだが、悲しいかな・・・
SUPER SLOW TREK隊なので全然先に進みましぇ~ん^^


葱平に着いたときには既に11時を回っていて
出発が6時半だから・・・うぇぇぇぇ~遅っ{/まいった/}

で、完全にヘロヘロボロボロの私たちは葱平で大休憩{/大汗/}
葱平も落石の危険があるので
上部に登山道のないところを選んだのですが・・・
今となってはそれでも危険は大きかったのですね(反省です)



           旦那様は哀れ落石監視係





休んで食べれば元気になりますネッ

大休憩してパワー回復した私たちは
葱平から小雪渓~お花畑を越えて、
頂上宿舎・白馬山荘・白馬岳山頂とテケテケ一気に進んで・・・

・・・は、行けないところがSUPER SLOW TREK隊な訳で(^∀^)
次回の記事も焦らずSLOWに進めていきま~す{/パー/}


 ⇒『白馬岳SUPER SLOW TREKだよ♪ 第2話』は(→こちら)で~す




人気blogランキングへ
←次は、白馬鑓温泉にも入ってみたいなぁ~(^∀^)
           『ポチッ』と、投票していただけると励みになります

コメント

非公開コメント

No title

一度お会いしただけですがやはりだんな様は力持ちですね。とっても優しそうだし本編で再確認が出来ましたよ。雪渓の落石はほんとに怖いですね。見張りがいないと安心して歩けませんね。

No title

>マッチ近藤
25年以上も前のお話ネ。
時が過ぎるのは早い。。。

No title

白馬もすばらしいですね・・むかし、白馬鑓温泉につられて登りました・・小屋は散々でしたが・・温泉は最高でした・・またゆくぞ

No title

スゴイゾ旦那!
いかすぜ旦那!
シビレル旦那!
さすがに山男、いざと言うときは頼りになりますね。

No title

名前入れ忘れました。

No title

う~ん、気持ち良さそうですね!
でも超混んでるのが残念 ・・・ 独り占めしてみたいです (喜)

No title

>Yokohamabaronさん、こんばんは。
旦那様は褒めると伸びるタイプなので・・・^^
たいして力持ちでもないのですが『スゴーイ』とか言うと喜んで持つんです(笑)
そして、貧乏男は優しいんです^^

No title

>エドヤマさん、こんばんは。
マッチは私の青春時代のアイドル♪永遠のアイドルですね~
・・・って、しまったぁ~年齢がばれてしまう!!!
せめて『シブがき隊』あたりにしておけばよかった・・・(笑)

No title

>TAMさん、こんばんは。
鑓温泉いいですね~
私はまだ行ったことが無いので、白馬岳からの三山縦走で入りたい温泉です♪
女性専用があっても、混浴もあるらしいからなぁ~ドキドキしちゃう

No title

>Q造さん、こんばんは。
基本、B型男はおだてるに限ります(笑)
虚弱体質なので山男ではないのですが^^、褒めておだてれば何でもやりますから、いざというときは頼りになりますよ~

No title

>卍丸さん、こんばんは。
ヒトヒトヒト・・・と書きましたが、たいして混んでる感じはしませんでした^^
何故なら、私たちの歩くのが遅くて一番最後だったから(笑)
白馬は一昔前ほど人が入らなくなったらしいです。山頂の山小屋は1200人・1500人(たぶん^^)と、どちらも巨大なので、海の日・お盆でもない限り大混雑にはならないらしいですよ

No title

初めてコメントさせていただきます。
旦那様とは勉強会で時々お会いさせてもらってます。
口ぐせが「うちの『かわいい嫁』のブログ見てください」です。
私も山は好きなのでこれからも楽しみに拝見したいと思います。

No title

>不束者さん、こんばんは。
こんばんは、かわいい嫁です^^
たぶん旦那様は可愛い私にメロメロなのでしょう(笑)
是非、次回旦那様に会ったときに『俺も山が好きだ』とアピールして下さいネ。旦那様は行政書士山岳部を作りたいらしいので^^

No title

いいな~~晴天の大雪渓。
私景色何もなかったので写真楽しませてもらいました。
行列もすごい!
音もない落石怖いですよね~~着地地点で別の石にぶつかった音「カ~~ン!」ってすごく不気味でした。
雪渓上には色々な人工物流されていませんでしたか?
自然の力ってはかり知れませんな・・・。
こんな三歩くんみたいな旦那さまだったらどうしましょう・・・うらやまちい♪

No title

>mo-chanママさん、こんにちは。
音も無く落石が来るので、天気の悪い日は大雪渓を歩くのは恐いですね~^^
石だけでなく、色んなものが転がってるんですね^^ 余裕が無くてチェックできませんでした(笑)
旦那様は、貧乏ですが山では頼りになりますよ。面白いし^^