塩見小屋ってこんなだよ♪

避難小屋&山小屋
08 /09 2008

本日は塩見岳山頂に一番近くて、展望バッチリ
でも、衝撃的に小さな山小屋・・塩見小屋の登場で~す{/チョキ/}


 

 



 ⇒『塩見岳~間ノ岳~北岳のレポ&MAP』は(→こちら)です


 


 




 


ここはホント小っちゃいですねぇ~{/まいった/}


ちょうど青年がお掃除をしていたので
『何人泊まれるのですか?』尋ねたところ
『だいたい28人~32人泊まれます』と言ってました(^u^)


原則、完全予約制なのも納得できる小ささですネ



 


この大きさですからねぇ・・・・幕営禁止!
近くにテントは張れませんよ。゜(´Д`)゜。



              可愛い小屋の正面


 


 


 



小屋の前には、こんな↓小粋な看板が(^∀^)
ちなみに売店は小屋の横、これまた小さな建物です


 


そしてここは、水はないですね
(泊まった方にはあるのかもしれませんが・・・
1ℓ1000円という価格設定だし、水場遠いし期待薄です)


   
        ジュースより水が割高^^


 


 


 


・・・・で・・・・


おトイレですが・・・ここは利尻岳早池峰山と同じ
トイレブースでの『使い捨てトイレシステム』です

売店にて200円で使い捨てトイレを買って
それをトイレブースにセッティングして用を足します


 


どこぞのおばちゃんが『面倒だ!』と文句を言っていましたが


使用済みトイレはここで捨てていけるし
使い捨てなので清潔感があるし、早池峰で体験済みだし
私はお気に入りのシステムですが・・・(^u^)



ちなみに、男子(小)は、高台に1個だけ小便器が置いてある・・・
という、なかなか風情のある代物でした(無料です)



         小屋自体は清潔ですよ♪


 


 


 



ここを利用すれば・・・
私が歩いた塩見岳~北岳のコースが2泊で歩けますよ^^


ちなみに完全予約制なので、予約していない方は
どこぞの小部屋に押し込められるという噂を聞いたことがありますが
本当なんでしょうかねぇ~???


 


ちなみに、本編でUPした塩見小屋からの展望がこちら↓です
塩見岳が迫力ありますねぇ(^∀^)



         ここで迎える朝は絶景でしょうねぇ~


 


 




次回は『本編山行レポート第4話』又は『熊ノ平小屋』の
どちらかをUPする予定で~す{/パー/}


 


 


人気blogランキングへ
←アルプスの山小屋ファンのあ・な・た・・・(^∀^)  
           『ポチッ』と、投票していただけると励みになります


 

コメント

非公開コメント

No title

こじんまりした清潔そうな小屋ですね。使い捨てトイレは環境にやさしいしいいですね。どこぞのおばちゃん文句を言ってはいけません。自分で持ち帰りもそのうち出てくるでしょうね。

No title

ベッドの仕切りは一人分なのでしょうか。
カップル用のセミダブルなのでしょうか♪
小屋泊の縦走も夢見ます。
問題は稜線まで登れるかです(^^;;;

No title

>Yokohamabaronさん、おはようございます。
使い捨てトイレはヘリで運ぶそうなので環境には優しいシステムですね♪
自分で持ち帰るのは・・・3日間持って歩くのは、さすがに重くてイヤですよねぇ(笑)

No title

>でっぱさん、おはようございます。
ベットの仕切りは4人分くらいで仕切られていたのでファミリイー仕様です(笑)
小屋泊の縦走も楽しそうですね♪
ここも可愛らしい小屋なのですが、ここまで来るのが大変です^^
私もイヤになるくらい遠かったです^^

No title

初めまして。
登山People繋がりでお邪魔しました。
北岳~間ノ岳~塩見岳縦走、何れやりたいです!去年、北岳~間ノ岳をやったのですが。結構距離がありますが、行けなくはないと思ってました。
が!テント張れないんですかー;あいたたた
何か手を考えないといけないですね。
貴重な情報をありがとうございます。m(__)m

No title

>まりおんさん、初めまして、こんにちは。
塩見小屋はテントが張れませんが
熊ノ平小屋・三伏峠小屋で張れるので
そちらを利用すればテントでGO!できますよ^^
頑張ってくださいね

No title

またもや貴重な情報ありがとうございます。
んー、なるほど。

No title

>まりおんさん、こんにちは。
気をつけて行って来て下さいませ♪

No title

 大切なお水の話なので、こちらにもコメントを入れさせてくださいね。
 相当古い昔にこの小屋に泊まりましたが、たしか塩見の小屋は下り20分の水場がありましたけど(往復で1時間かな?)。水場の水量が細いとか、枯れる事もあるという風に解釈すれば良いのでしょうか?
 以前の小屋の管理人の河村さんが小河内避難小屋の夏季管理人になられたので、懐かしく、逢いたくなりました(笑)。

No title

>テントミータカさん、おはようございます。
貴重な情報ありがとうございます♪
小屋の方に『水場は無いのですか?』聞いた時も『あるけど、とっても遠いんです』と話していましたので、往復1時間くらいのところにあるのがそうだと思います^^
細い、涸れるかは・・・すみません分かりません。
私の想像ですが、1リットル1000円なのはミネラルウォーターであって、烏帽子小屋のように『天水を消毒した水』は、もう少し安く売っているのかもしれませんね^^

No title

はじめまして、小林と申します。
先日、広河原から入って鹿塩へ降りるコースを歩いてきました。で、「塩見小屋」で何気なく検索したら、こちらにたどり着きました。塩見小屋について、気になることが書いてあったので、コメントさせていただきます。
自然を愛する者としていかにローインパクトであるべきかを考えるにあたって、トイレ問題は避けて通れない問題ですよね。そういう意味では塩見小屋の取組みは参考にすべきところがあると思います。
でも、できればもっともっとテイクイン・テイクアウトが当たり前にみんながやってくれるといいなぁと感じています。
私も完ぺきではありませんが、2泊3日程度の山旅ではすべて持ち帰るようにしています。先日、おしっこを入れた容器を見て、それ、ビールですかと聞かれたのには、笑ってしまいましたけどね。

No title

>コバヤシさん、こんばんは。
山のトイレ問題は真剣に考えなくてはいけない問題ですね。
利尻山のように徹底していればよいのでしょうが、どこの山でも難しい問題ですね。
アルプスのように大勢の人が入る山はなおさら考えなくてはいけないのでしょうね。