尾瀬の国から'17 晩春(前編)

レポ: 福島県の山
06 /16 2017
諸事情により新型テントを試すことになったため
急きょ、尾瀬・見晴に行ってきました!! 快晴で超ご機嫌(^-^)

尾瀬201701
山と高原地図2017 尾瀬・燧ケ岳・至仏山・会津駒ヶ岳

+-+-+-+-+-+-  過去の尾瀬 +-+-+-+-+-+-+-+-+
尾瀬の国から'14 秋
尾瀬の国から'15 秋
尾瀬の国から'16 晩秋
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

裏燧林道は「道迷いしやすく危険」とのことなので
無難なところで沼山峠から尾瀬沼経由

バスを降りてすぐ、沼山峠は雪の中・・・

踏み外し等の危険はありますがアイゼンは不要。

尾瀬201703

大江湿原まで出れば
木道沿いに水芭蕉がお出迎え・・・

天気も良く気持ちの良い湿原散策が楽しめます。

尾瀬201704

尾瀬沼東岸まで来ると、さらに一面の水芭蕉が

6月頭は、水芭蕉最盛期ですが
尾瀬沼周辺はあまり混んでいないのがよいですね。

尾瀬201705

尾瀬沼南岸は残雪のため通行禁止なので
尾瀬沼北岸を見晴まで

北岸自体は歩きやすいですが
沼尻から先、白砂峠はまたまた雪の中・・・

尾瀬201706

ま、それでも尾瀬なので難所は無いんで・・・
コースタイムより圧倒的に早く10時前には、見晴到着!!

-----------------(※ここより下 「後編」 ドッキングしました)-------------------

さすがに早いだろうと
桧枝岐小屋(ヒノエマタゴヤ)前のテラスでビール片手に時間を潰し

お昼過ぎ、燧小屋の方に設営許可をいただいたので
テント設営し、いざ!尾瀬ヶ原へ。

oze22_201706171459043ce.jpg

お昼前と、テント設営する際に
ビールを飲んでしまったため、ホロ酔いなので

見晴 → 温泉小屋 → 東電小屋 → 竜宮十字路 → 見晴

と、短時間でグルっと一周するルートをチョイス(^-^)

oze24_20170617150215709.jpg

この辺りでは 
見晴 - 温泉小屋 の間が一番、水芭蕉が綺麗でした(^-^)

そして東電小屋から先、
ヨシッ堀田代のヤマザクラ越しの水芭蕉が見事でした。

oze28.jpg

下田代から振り返ってみる至仏山が見事!
登りたかったけど、今は登山禁止期間かな?

大きな荷物を背負った歩荷さんともすれ違い
あぁ~尾瀬だな~と痛感(^-^)

oze27.jpg

見晴は山小屋に泊まる観光客はたくさんいましたが
テンバは閑散・・・

この日は13張りだったかな、数えるほどしかなく・・・

そして朝夕は極寒・・・
厚めのシュラフ(NANGAオーロラライト450DX)でも寒かったです。

ozえ25

そして、SEXYな私に話しかけてくる殿方もおらず
暇を持て余し夕暮れ時の下田代を散策・・・

・・・で、下田代から見た
夕暮れ時の燧ヶ岳方面が、こちら↓の写真で

オゼ

夕暮れ時の至仏山方面が、こちら↓・・・
燧ヶ岳の方がカッコよく感じるのは福島県人のひいき目かな(笑)

早々と就寝、翌日は6時前には出立
来た時と同じ、尾瀬沼北岸~沼山峠コースで帰宅。

oze26_201706171514540a9.jpg

水芭蕉が咲き乱れる、一番魅力的な時期に訪れた尾瀬
尾瀬は観光客が多くて登山の格好だと浮くことを痛感(笑)

人気ブログランキングへ
←前の週、旦那様が行ったときはもっと寒かったそうな。

コメント

非公開コメント

No title

結構雪残ってますね。これは裏林道行くと大変そうだ。

新型テントはどんなやつだろう。
アルプス縦走への布石かな?

最高!

最高ですね!
テン泊レポートまってます、

テント2個に!

>たけさん、おはようございます。

裏燧を帰りたかったのですが
かなり雪深いようです。

新しいのはプロモンテのテントです。
テントが2個になったので
親子4人でアルプスに行けます(^-^)

最高です♪

>Yokohamabaronさん、おはようございます。

花も見事、天気も快晴、一番良い時期でした(^-^)

ただ尾瀬ヶ原まで行くと観光客が多く
もはや「山」ではなくなっていました(汗)