テレマーク娘。

anime-seven3.gif
image.gif

『テレマークスキー』と『テント』と『ここたん』と『ななたん』を担いで山に分け入るERちゃんのブログ
コドモ × アウトドア + デフォルメ = ムゲンダイ

尾瀬の国から'16 晩夏(前編)【子供と一緒に山登り】

2016年 09月 05日 (月)
全国的に雨予報の中、唯一の晴れ予報が尾瀬周辺・・・

9月の頭は人もいない事だし
尾瀬御池から裏燧林道を抜け、一気に見晴地区までGO!

裏
参考ガイド:尾瀬(燧ヶ岳・至仏山)


+-+-+-+-+-+-  過去の尾瀬 +-+-+-+-+-+-+-+-+
  尾瀬の国から'14 秋
  尾瀬の国から'15 秋
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


御池から見晴まで9.4km・・・

ななたん、これまで歩いたことが無い長丁場ですが
天気も味方して絶好のハイキング日和

裏3

裏燧林道
基本的に木々の中を抜けるように歩くので
暑い日でも陽射しを遮ってくれるのが嬉しいですね♪

ところどころに湿原が点在して変化にも飛んでいます。

裏2

湿原に入ると「〇〇田代」という看板が立っているので
長丁場ながらも飽きが来ないコース。

今、自分がどこにいるのかも分かるので
ペースをつかみながら歩けるのも良いです(^-^)

裏4

兎田代到着・・・

既に5時間歩いているので
裏燧林道の一番の目玉スポットである「三条ノ滝」は断念

それにしても裏燧林道は人がいませんね~

御池から赤田代までは
ほとんど人と出会いませんでした

裏5

段吉新道の樹林帯を抜けると・・・
・・・いよいよ見晴、尾瀬ヶ原の端っこに到着!!

段吉新道をショートカットして見晴地区を目指します

ここたん、ななたん、は生まれて初めての尾瀬ヶ原
これまで見たことが無いような大きな湿原に大興奮!

裏6


コースタイム3時間30分のところ
尾瀬御池から見晴まで、6時間強・・・

今回も、パパ・ここたんはテント泊
     ママ・ななたんは山小屋(燧小屋)泊と 2班に分かれるので

まずは、見晴キャンプ場で場所確保へ

テン2


パパ・ここたん組のテントを設営
帰る方に「ここ空くよ~」と声をかけていただき良い場所をGET♪

水場もあり、トイレも快適なキャンプ場で
見晴キャンプ場についての詳細は(→こちら)にUPしました

・・・で、山小屋組は燧小屋へ

燧小屋1

下田代の一番奥にあり静か、そして快適

食事も美味しく、宿の方も親切
お風呂もきれいだったし、アットホームな宿でした。
その燧小屋の詳細については(→こちら)にUPしています。


・・・そして、ここから2日目・・・

尾瀬
Copyright© Hinoemata Village. All Rights Reserved.


今年歩いた、なんとなくのコースMAPがこちらで

初日は、尾瀬御池~裏燧林道を通って見晴まで来ましたが
帰路は、尾瀬沼北岸を通って、大江湿原~沼山へ戻る周回コース!!

登山ガイドMAPだと裏燧林道の方が約1時間短いコースです

北岸2


序盤、再開通したばかりの見晴新道を横目に尾瀬沼へ
整備された木道が歩きやすいです。

イヨドマリ沢など、2つの沢を超えますが
ここも木道が整備されていて、幼児連れでも安心♪

北岸1


最初の難所、白砂峠を越えると・・・・
一気に陽射しが射し込み、白砂湿原が広がります

ここでしばしの休憩・・・
尾瀬沼と見晴の中間で、あまり人がいないので
ゆったりとした時間が流れています。

北岸3


気持ちの良い湿原を歩いていると尾瀬沼西岸・・・沼尻平

昨年焼失した沼尻休憩所跡・・・
去年訪れた時、ドーナツを食べたテラスが
今年は、地面まで真っ黒焦げで、悲しい限り。

沼


尾瀬沼北岸も木道が整備され快適そのもの。

ところどころ湿原が広がり景色も良いのですが
変化が少ないので飽きてくるのが難点かな。

北岸4


・・・で、あっという間に尾瀬沼東岸到着。

裏燧林道はコースタイムの倍かかりましたが
尾瀬沼北岸コースは、ほぼコースタイム通り

ここからは燧ヶ岳が綺麗に見えます♪

北岸5


ここまで奇跡的に天気がもったので
ゆっくりお湯を沸かし食事をとり
ビジターセンターでしばし遊んで・・・いよいよお終い。


ここから先は、去年も一昨年も歩いた知った道。
子供たちも、ちょっと余裕です(^-^)

北岸6

木道が整備されているしアップダウンが少ないので
実際に歩いてみると・・・

幼児連れの場合、裏燧林道より尾瀬沼北岸の方が圧倒的に楽
と知りました。


-----------------------------------
尾瀬(御池~見晴~沼山)
 御池駐車場: 1,000円/回
 シャトルバス: 御池~沼山峠(片道520円)
 見晴・尾瀬沼東岸: 山小屋あり、テント幕営可
 水場: 見晴地区/尾瀬沼東岸(無料)
 トイレ: 尾瀬御池/赤田代/見晴地区/沼尻平/尾瀬沼東岸/沼山
 コースタイム: 1日目(御池-240分-兎田代分岐-120分-下田代)
          2日目(下田代-130分-沼尻平-70分-尾瀬沼東岸-80分-沼山)
 参考: 尾瀬(燧ヶ岳・至仏山)
-----------------------------------


人気ブログランキングへ
←ななたんは、赤田代あたりで完全にグロッキー状態
           6時間も歩いてくれた4歳児に感謝です
 
すごい
ななたん6時間もあるくなんてすばらしい!
大きな湿原で疲れも吹き飛んだでしょう。
来年は親子4人でテンパクできそうですね。
[ 2016/09/05 14:58 ] [ 編集 ]
N家
裏林道歩きましたか!頑張りましたね!!
うちは湿原地帯抜けてからの林の中が飽きちゃって多分ダメだろうな〜。
あの間ってイベントっぽいのが吊り橋くらいしかないし。。。
[ 2016/09/05 22:16 ] [ 編集 ]
頑張りました♪
>Yokohamabaronさん、おはようございます。

>>ななたん6時間もあるくなんてすばらしい!

すごいですね~
裏燧林道は木道も整備されていないので
かなり大変だったようです。

でも、テント場に着いたら元気いっぱいになっていました(笑)
[ 2016/09/06 09:18 ] [ 編集 ]
偉いです(^-^)
>たけさん、おはようございます。

裏燧は樹林帯の中をモクモク歩くので
暑さをしのげる点ではよいのですが・・・
単調なので飽きてきちゃいますね~

歩き切ったので、ホント頑張ったと思います(^-^)
[ 2016/09/06 09:19 ] [ 編集 ]
杭の文字が一瞬「ノメリ男」に見えた(((( ;゚Д゚)))
[ 2016/09/06 17:08 ] [ 編集 ]
田代です(笑)
>ヤッケさん、おはようございます。

> 杭の文字が一瞬「ノメリ男」に見えた(((( ;゚Д゚)))

田代ですよ~
マーシーでもないですよ~(笑)
[ 2016/09/07 07:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
お気に入り
月別アーカイブ(Since2005)
全記事から検索

カスタム検索