テレマーク娘。

anime-seven3.gif
image.gif

『テレマークスキー』と『テント』と『ここたん』と『ななたん』を担いで山に分け入るERちゃんのブログ
コドモ × アウトドア + デフォルメ = ムゲンダイ

くろがね小屋って、こんなだよ♪

2015年 10月 03日 (土)
安達太良山中腹にある山小屋で
極上の温泉も楽しむことが出来る、くろがね小屋のご紹介

紅葉の安達太良山レポート・コースMAPは(→こちら)

kurog5.jpg
          (くろがね小屋のシンボル、黒鉄)


くろがね小屋は山小屋ですので基本、相部屋
写真の大部屋(空間)の他、5人部屋(5人の空間)があり

私たちは4人でしたので、5人部屋(5人の空間)で就寝

「5人部屋」といっても、旅館のような壁のある「部屋」ではなく
5人分の空間ですので・・・念のため。

kurog2.jpg
          (他に5人部屋や中2階部屋などもあり)


さらに、マットと毛布と枕があるのですが
写真の通り、マットや枕は剥き出しですので

山小屋に慣れていない方で
他の人の使ったマットが気になる・・・」という方は

こういう「アウトドア用コットンシーツ」を持参すると快適だと思います♪

kurog3.jpg
          (東京から来られた方はドン引きしていました)


・・・そして・・・

一番の魅力、くろがね小屋は温泉付き!!

紅葉を眺めながら入る
山の中の温泉は極楽そのもの

夕方8時30分までですが、星空を眺めながら入るのも一興

ku2.jpg
          (日帰り入浴可、410円)


夕食は、山小屋の定番 ザ☆カレー

夕食がカレーなのは知っていましたので
今回は、子供用に甘くしてくださいとお願いしたところ

子供用に別途作っていただきました。感謝、感謝です♪

kurog4.jpg
          (味は本格仕様の美味しさで、お替り可)


もちろん山小屋ですので自炊可

作ったら小屋内でいただくことが出来ますが
小屋内はコンロ禁止ですので
自炊室が、一旦小屋から出た地下にあるため

雨の日や、これからの寒い季節は辛いかもしれません。

kurog1.jpg
          (自炊室は水道あり、飲用可です)


年に2,3回は訪れるくろがね小屋はですが

あまりにも自宅から近すぎて
10年以上、泊まっていないので、今回新鮮でした

子供も気に入ったようだし、また来年泊まりにいきますね

kurog6.jpg


くろがね小屋は、
登山口から1時間30分程度で来れることもあり

宴会をして騒ぐおじちゃん、おばちゃんが多くて
地元で良くない評判も聞きますが

やっぱりくろがね小屋は福島県を代表する良い宿です


人気ブログランキングへ
←今回、佐藤さんは不在で、小屋番さんは、
           初めてお会いした方でしたが、とっても良い方でした


くろがね小屋旅館・オーベルジュ(その他) / 二本松市その他)

昼総合点★★★★★ 5.0

 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
お気に入り
月別アーカイブ(Since2005)
全記事から検索

カスタム検索