あれから3年・・・(ふくしま阿武隈焼きそば)

グルメ旅(福島県)
03 /11 2014
東日本大震災・・・
あの日から早いもので3年が経ちました。

もっとも、あの日から時間が止まっている方々の苦悩を想うと
「あれから3年」と言っていること自体が
恐ろしいくらい他人事なのかもしれません。

今日のBGMは・・・避難中、胸が張り裂けるほどたくさん聴いた
I love you & I need you ふくしま」です。







青春時代を過ごした福島市・・・
多くの友人が「自主避難」として去って行きましたが

恋愛、友情、部活、就職、結婚・・・
たくさんの大切な思い出が詰まっていてる街。

その福島市のシンボル、信夫山
・・・そして阿武隈川


今日は、センチメンタルな気持ちに誘われて
「あの日と何にも変わらない福島」を見に・・・

阿武隈川河畔にあります「おぐら茶屋」 へ
数年ぶりにお邪魔しました。



・・・・で・・・・

2013年誕生した 福島市の新ご当地B級グルメ

ふくしま阿武隈焼きそば(350円)を頂いてきました♪

福島市に馴染みのある食材
「鮭、イクラ、柚子」を使った新しいグルメ
・・・とのキャッチコピーですが

これが・・・
マズイ訳ではないんだけれど
お世辞にも美味しいとはいえない微妙な一品。


これでは「100年経っても郡山には勝てないな・・・」ってところが
不器用な福島市民らしくて、
とっても素敵で、とっても愛おしくなる一品。




まぁ、はっきり言って
普通のソース焼きそばの方が美味しいとは思いますが

私個人的に
こちらの「ふくしま阿武隈焼きそば」を、お勧めするポイントとしては
福島市が大好きということ以外に・・・

 (1)柔軟さのない安易な発想の詰め合わせ

 (2)美味しくも不味くもない見事なまでに無難な味わい

 (3)地元では大して有名じゃないものを「特産」としてねじ込む


・・・・と、見事なまでに「ご当地B級グルメ」の基準に
適合しているところでしょうか^^




青空の日だったので
阿武隈川の河畔におりて、のんびりと散策してみました・・・。


痛いくらいに眩しい日差しと、
頬にあたる穏やかな風・・・

そして、
何事も無かったかのような、たおやかな水の流れに

福島の春は・・・
もうすぐそこまで来ていると感じました。

コメント

非公開コメント

No title

6月にはまた気仙沼大島に行く予定です。
空は青空で澄み渡っているけど地上はまだまだこれからですね。
健康第一で子育てしてください。

No title

>Yokohamabaronさん、こんばんは。
6月気仙沼なんですね!
色々な方に支えられて3年が経ったって感じがします。
子供たちも元気に大きくなり
幸せな日々を作り上げるのは、お金ではなく、穏やかな時間だとつくづく感じています。

No title

様々な困難に直面し続けた、険しい道程の三年間であったと思います。その中で新しい命を産み、今迄護ってこられたこと本当に尊敬してます。今回の記事、多くの方に希望を感じさせるような暖かさに溢れているようで、何度も読み返しました。

No title

>mahmianさん、おはようございます。
毎日毎日、子どもと一緒に遊びまくっています(笑)
ブログの移行先が決まりましたら、ガシガシUPしていきますので、申し訳ございません。
あれから3年経ちましたね~
無我夢中でしたが、これが子供がいると毎日楽しくて・・・♪
正直、この3年間を辛いと感じたことは、ほとんどありません^^
ただ、記事には書きませんでしたが
阿武隈川河畔は放射線量が高かったりするので、このお店には子どもを連れていけない・・・
そういう「福島の現実」みたいな、もどかしさは残っています。

No title

おはようございます!
食べログのコメントは満杯なのでこちらへ(^^;
胸が詰まる思いで 記事とコメントを読ませていただきました(T_T)
ありがとうございます

No title

>michyyさん、こんばんは。
ありがとうございます♪とても嬉しく思います。そろそろ、食べログもUPしないといけませんね^^
福島も大変な思いをしていますが、命があれば、楽しいことも悲しいことも積み重ねていけますが、津波で尊い命を失った方、大切な方を失った方のことを思うと胸が苦しくなります。
福島県が一番つらいと思って岩手県に避難して・・・目の当たりにした津波被害の現実。だからこそ、常に明るく前向きにブログも食べログもUPしようと思っています♪