【単独無酸素】Mt.Takashiba登頂記【チョモランマの東、800M級】

トレッキング全般
07 /09 2013

本日は、結構真面目に
日本の山岳会に問うていますので・・・あしからず。


チョモランマの東に位置する800M級のいただき。

人類史上初の「単独無酸素登頂」に成功したので
ここに、ご報告いたします( ̄ー ̄)ニヤリッ


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

Mt.Takashiba は、チョモランマのずっと東・・・

中国、日本海をこえ、関西、関東をさらに超え
福島県のちょうど真ん中らあたりにある山

日本語名で「高柴山」という。


               (冒険家 Cさん)



これまで、この山を
【単独無酸素で登頂した!】と豪語する登山者はいないため

おそらく私が、
世界初の高柴山、単独無酸素登頂成功者!

・・・であると、口にする人 ( ̄ー ̄)ニヤリッ




序盤、シェルパに荷物を運んでもらっているように見えるが
単独登山であることには変わらない。

なぜなら
【単独登山】の定義は【その登山者の信条】そのものだから


           (シェルパのような人が写りこんでいるが・・・)



他人であると言えば済むことだが


何なら、画像処理して消してしまおう・・・。


                 (消す!)



そんなセコイ手を使わなくても

はなから、単独の写真をチョイス】すれば簡単だ。


             (他人が写っているものはカットしよう!)



もちろん
念には念を入れ、山頂直下からは単独で登山する。

これでウソ偽りない単独登山だ・・・


           (「ここから」は「ホントに」単独で登山)



もちろん無酸素

その証拠に山頂直下の写真も
酸素ボンベを担いでいない

そもそも、酸素ボンベが必要かどうかなんかは

よほどの山でもない限り
・・・「言ったもの勝ち」である ( ̄ー ̄)ニヤリッ


              (無酸素&丸腰)



山登りなんて・・・
見方、言い方を変えれば何とでもとれます。
何だってOK、自由なもんです。

逆に、そこが面白いのでしょうね。

でも、だからこそ
「正直に」向き合わなくてはいけないのだと思います。



人気blogランキングへ
←なお、高柴山ファミリーハイキング【通常版】は
           次回UPしま~す(^∀^) 応援よろしくです

コメント

非公開コメント