【原子力は安全です】

Jumble娘(ひとり言)
04 /20 2011


「ずっとウソだった」 by斉藤和義
 
   (追記)真ん中、三角を押すと音楽スタートです^^




政府も役人も東電も信用できないから・・・
福島県から逃げられる人は、
とっくの昔に皆逃げた・・・





福島県から一歩でも出ると差別され・・・
流す涙も涸れたのだ^^


人気blogランキングへ
 

コメント

非公開コメント

No title

ほんとにねぇ・・・
ほんとに学校再開して安全なんでしょうか?
県外に避難した教師は残ってる親や同僚から非難され・・・
でもねぇ、十年後、生き残っているのは、今、泣かされてる人たちだけだったりして・・・
誰も真実はわかりません。
まして十年後の事は・・・
【黒い雨】戻って来いと通知出してる県教委は見えないのかな?

No title

>tonamikousenさん、こんばんは。
HPみましたが、鉱泉らしいアットホームな宿ですね。山登りの後に立ち寄る鉱泉がとっても好きです。夏には岩手県に行きますので、虎毛山の帰りにでも寄れたら遊びにいきます♪
ま、この問題も難しい問題ですね。
県職教員の方も一般の県職員も友人・親族・知人がたくさんおりますし、浜通りの公立校の教師が、どういう状況なのかも、よくよく知っています。
家族を守るために、県外に逃げるのは別にいいと思うので、命が大事で県外に避難するのは誰に責められる事もない「その人の自由」
ただ、生徒を自分が危険だと思う福島県に残しておいて逃げ続け、それでいてなお県職員や教師の地位・給与・名誉にしがみつきたいというのは「その人のエゴ」
避難先で職を探して全てを捨ててでも家族の命を守る・・それでいいと思います。
福島県には避難指示区域住民でも、様々な理由で放射能から逃げられない人・・会社を辞めてまで家族を連れて逃げた人・・東電関係職なので全町避難という名目で放射能値の低い他県でのんび~りしてる人・・私の周りでもたくさんいます。
公務員も民間企業の方も教員も団体職員も被災者であるのは一緒。県職員だけ「身分は福島県職員のまま、他県での就労を認める」と、福島県に残って必死に頑張っている他の県職員の方の血のにじむような苦労が県民に指示されなくなってしまうと感じます。
政府が信用できない今、県職員と福島県民との信頼関係が失われたとき、本当の意味での福島県を失うことになる・・・と、福島県に残って今の現実を見ている人間としては思います・

No title

1記事1コメ♪ルール無視ごめんなさいっ!
そうなんです。それ、ホントはそれ言いたかったんです。でも、「給与はいらない。戻れるまで他県で無償ボランティアする。戻れないかもしれないけど希望は残しておきたい」という話にホロっ・・・
でもね、テレ娘さんの言うとおり、エゴとも取れる^^;
私たち自営業は明日の売り上げもわからない仕事に生きてるし、今回の惨事で農地や海を荒らされて職を失った人(比べては申し訳ない)からすれば、甘いっ!不公平!ですよね。
テレビで東電からの補償金請求書をもらうときにののしっている人を映していました。あれ、この人、真っ先に原発建設の時に出稼ぎに行った人では?アレレ・・・です。
おっしゃるとおり、福島県人同士の信頼関係キープ、これが復興への鍵ですね♪ 次に里帰りした時に、実家も墓も残ってないかもしれないけど、誇りは残っていてほしいです。

No title

>tonamikousenさん、こんばんは。
おっしゃる通り、10年後や20年後のことは誰にも分からないし・・・
避難圏外に住むものが、下手に「放射能が怖い」と言って他県に逃げると、風評被害を煽ることにもなるし・・・
ホント難しい問題ですね。
体を動かすのもしんどくなってきたし、時間ばかりが無常に過ぎていき、私も毎日ため息ばかりです^^

No title

お久しぶりです。
こっちも自問自答の日々でした。
リスクを回避しようとするから余計に怖くなる。
かつての広島や長崎の人達のように、僕達もリスクを背負いながら一歩一歩前へ進むしか無いのかな?と感じ始めてます。
山登りに例えるのは変かもしれないけど、自然を受け入れて尚止まらず歩いてさえいれば、いつかは頂上に着いてるはずさ!
くれぐれも心だけは被曝しないようにしましょうね。

No title

>卍さん、こんばんは。
私は妙齢だし、40歳以上は問題ナッシングとのことなので、全然きにならないのですが(笑)ここたんがねぇ~心配になります^^
来月ここたん2号が誕生するので、今はあまり不安に思わず、自分自身にストレスを溜めないようにしています♪
心は・・・東電のバカヤローと1日3回絶叫してストレス解消しているのですが、既に19ミリシーベルト位やられています(笑)