妙高山&火打山 登山レポート

レポ: 関東・甲信越の山
09 /23 2010

妙高高原にるらららぁ~って、バカンスに行ったので
なんとなぁ~く、妙高山にでも登ってみるか・・・


 


★・。・。☆・゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆・゜・。



・・・などという、甘ちょろいものではなく

実は、山岳テントもコッヘルもシュラフも車に積んで
ガッツリ山中2泊で
ここたん修行の山旅を計画していたのですが・・・


ここたんの体調が思わしくなく、
『行ける所まで行って、ダメなら戻ってくる』
というスタンスの、お気楽な山旅に変更^^




・・・・妙高山編・・・・

大谷ヒュッテから登ると、
妙高山頂手前にクサリ場があるので
遠回りだけど、燕温泉からスタート{/チョキ/}

序盤は、温泉街を流れる渓谷沿いを歩く 快適な山旅(^∀^)





河原の湯へ下りる沢沿いの道は通行止めだったけど
渓谷のつり橋もなかなか気持ちよく

妙高山へのテンションが上がります


 


・・・が、途中
想定していた道がガケ崩れで通行できず、
ありえない角度の迂回路に遭遇{/まいった/}

ここたん背負って、登れないことはないが、
下ってくるのは危険だろうということで

結局、この【垂直な崖】で断念



妙高山・・・山中滞在時間40分




・・・・火打山編・・・・

最短ルートで山頂に立てる笹ヶ峰登山口からスタート!

序盤は傾斜も緩やかな木道でらっくらく{/ピカピカ/}
足取り軽やかぁ~



 


・・・・が・・・・

小一時間もしないうちに、ここたん号泣(汗)


歌を歌ったり・・・
お話をしたり・・・
休憩してお菓子を食べたり・・・
パパとママのラブラブぶりを見せ付けたり・・・

なだめながら突き進む{/グー/}






・・・が、どうにも、こうにも、
ここたんが山登りを嫌がるので

ブナの木から自然の息吹も感じ取ったし
山の中の空気もたくさん吸ったし
無理して突き進んでも、
引き返せなければ一大事ということで

結局、この【ブナブナの森】で断念


火打山・・・山中滞在時間60分





・・・・結局・・・・


背負子から開放され
登山口周辺の木道で自由に歩いて
好き勝手に遊んでいたら
・・・超ご機嫌さんになるという


ショイコ嫌い病』のここたんでした(^_^;)



 



・・・・はぁ・・・・なんだかなぁ~・・・・

ここたんが「痛い」「苦しい」と自分の口で言えるまでは
可哀想だし、責任もあるので
泊りがけで山には連れて行けないなぁ~

ストレスが溜まるけど、
日々、それ以上の愛情が溜まっているから

・・・ま、いいか(^u^)



人気blogランキングへ
←赤ちゃんがいると計画通りにすすまない・・・
           誰もが通る試練なのかなぁ~。ポチっと応援を~

コメント

非公開コメント

No title

  やっぱりいきなり妙高火打はきびしいんじゃないですかぁ?まだ火打は良いけど妙高はけっこう急な登りもあるし。
 初めは「ショイコ嫌い病」が発病しても下ろして機嫌が良くなってから再び登る余裕のある山に登って、だんだん高い山に行くのが良いんじゃないかと・・。
 
 「ショイコ嫌い病」が治って「山行きたい病」が発病するよう祈っておりますです。
 
 
 

No title

せまい背負子に揺られるのが嫌なんでしすね。
自由に動きたいのでしょうね。
しっかり歩けるようになったらかえって疲れて背負子に入りたがるでしょう。
来年からかな?

No title

それは誰もが通る試練ですね~。
N家は尾瀬沼泊をやろうとして、調子悪そうなので引き返してきましたよ。
張り切って行くとダメなんですかね。
まあ当分はいつでも諦めて帰ってこれる未練の残らない山に行くしかないんですよ。
自分で歩くようになると、それはそれで結構大変。
なんせ遅っそくって日が暮れちゃうので背負いたいのに拒否するようになりますから。

No title

お久しぶりです。ここたんも自己主張が出てきて、成長の証ですね。だんだんおしゃべりも上手になってくると、きっと計画通りにすすみますよ(^v^)。それまであともう少しです。またここたんとのお出かけの様子、お聞かせくださいね(^^♪

No title

>IKさん、こんにちは。
確かに過酷でしたね^^
涸沢にしておけばよかったかと・・・(笑)
秋山シーズンですが、しばらくはピークにはこだわらず、自然の中にいる楽しさを覚えてもらえればよいかなぁ~と、思っています♪

No title

>Yokohamabaronさん、こんにちは。
今が一番、好き勝手に歩きたい時期のようですねぇ~^^
山道も少しだけ、ヨロヨロと登ったりします。
確かに歩き疲れるとショイコに入るかもしれませんね♪

No title

>たけさん、こんにちは。
>未練の残らない山・・・
その通りだと痛感しました(笑)
妙高まで行くと、親が是が非でも登りたいんですよね~遠いし、そうそう来れないし^^
福島ローカルで吾妻縦走のTV番組がやっていたので、久しぶりに吾妻に紅葉を見に行きたくなりました!

No title

>ひまわりさん、こんにちは。
今は何でも「うぅ~」「あぁ~」なので、解読判別が難しいです(笑)
ここたんは、少しずつ成長してきて、最近ではパパにべったりです^^
もう少し大きくなるとファミリーでまったりと山歩きが楽しめそうです♪

No title

こんばんは。ここたんのショイコ嫌い治るといいですね。ウチは長男坊を6ヶ月から連れて山を歩いてますが、長男より次男坊の方が嫌がりますね。なので、僕が次男坊を背負って先頭をあるき、次に長男坊、しんがりを副隊長(女房様)に努めてもらってます。やっぱりママの顔が見えると降りたがるので、この歩き方が一番波風たたないように感じました。
秋山シーズンですし、お互い事故には気をつけて山を楽しみましょうね。

No title

お久しぶりです。
ちょっと余計な事かもしれませんけど・・・だったら、ゴメンね~♪
私も息子が1歳過ぎた頃から、背負って山に登りました。
最初は、赤薙山の手前だったかな?それから戦場ケ原、白根、男体山と順に時間を伸ばして行きました。
初めての泊りは尾瀬山の鼻(小屋)だったかな?
一緒に歩いた時(3歳)も、丸山から茶臼(峰の茶屋からだっこ)だったかな?
いずれも息子は楽しそうにしてましたけど、少しずつ時間を増やされて山行を楽しまれるのが良いと思います。
十分お気をつけて・・・。

No title

>さときちさん、こんばんは。
遅くなりました。すみません。
1歳くらいまではショイコでおとなしくしていたのですが、自我の芽生えと共に嫌がるように^^
皆さん色々工夫をされながら子供と一緒に山歩きをされているのですねぇ~参考になります!
秋山シーズンも安全第一で山登りをしたいです。

No title

>やまとそばさん、こんばんは。
安達太良などはご機嫌で山登りするのですが、遠出すると疲れるのかダメですね~
夜泣きなどを考えると山小屋だと気をつかいそうですが、ここたんの調子をみながら、徐々に山歩きに慣れてもらえればと思います^^

No title

 こんにちは。
 うーん、残念。背負子嫌いなのかな?。でも、背負子から見える小さな手足が可愛い・・。
 
 我が家の息子君は逆にすぐ背負子に乗りたくなるヘタレです。
 ところで、我が家は9月の1週目に笹ヶ峰キャンプでしたが、ひょっとしてニアミスだったのでしょうか?。
 
 

No title

>裏山の探検隊さん、こんにちは。
お返事遅くなりました。すみません。
妙高に行ったのは9月2日~4日なのですれ違ったかもしれませんね。
初日に笹ヶ峰キャンプ場を偵察して、残りの日は周辺を散策していました^^
緑あふれるとっても素敵なトコですね~♪

No title

ご無沙汰してます。
ここんところ仕事が忙しく山も我慢の日々が続きむんむんしております・・・・・・・
久しぶりに覗きに来ましたが、ここたんペースで楽しんでいるようで何よりです(^_^;)
本来なら、そろそろBCへ繰り出す頃なんですが、どうやら今季は行けそうにないのです(*_*)
正月の雪山縦走位は行けるようにしようと思っておりまする!

No title

>hiroさん、こんばんは。
ご無沙汰しております。hiroさんもお仕事が忙しいのは何よりですね♪
あと、ブログをご覧の皆さまもご無沙汰しております^^
ここたんが1歳半になって、前以上に目が離せなくなりました^^PCに向かっている時間がとれません(涙)
&保育園に行くようになってから病気の連続で気の休まる間がありません。
全然山に行く時間もありませんが、ボチボチ晩秋ハイキングに行こうかと思っています♪
ブログの方も、つぶやきシローのように死亡説が流れる前に復活しようかと思っておりま~す(笑)
明日にはブログを更新するぞっ!!!