幌尻山荘ってこんなだよ♪

避難小屋&山小屋
08 /21 2010

涼しげな気配が感じられる初秋の夜長には、
そろそろシーズンが終わりになる北海道の山のお話でも・・・


 


★・。・。☆・゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆・゜・。


日本百名山 【幌尻岳】 登山レポは(→こちらぁ~) 


★・。・。☆・゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆・゜・。




ここ幌尻山荘は、日高山脈の奥深くにあり
日本百名山でもある幌尻岳攻略には欠かせない山小屋です{/チョキ/}


・・・・ただ・・・・

あまり計画を立てることなく、
気分次第で責めながら山歩きをしている私にとって
なかなか縁のない山小屋でした


何故って、ここは・・・完・全・予・約・制・・・だから




毎年7月1日~9月30日まで利用可能
定員50名まで泊まれます。
予約開始日は4月1日(要確認)で、すぐ一杯になるそうです。
(山荘の空き状況は→こちらからご確認下さい)


・・・・1番が好きなので・・・・

当然私は、7月1日に宿泊予約
誰よりも早く山荘について、本年度1番乗り(^u^)
ちなみに、1泊のお値段1,500円なりぃ~
(注)2010年度登山ではないですよ

小屋の前では渡渉の際にビチョビチョに濡れた
沢靴や靴下、タオルなどが
幸せの黄色いハンカチ状態で干してあります^^



       さすが北海道、堅固な山小屋です。


 


2階建ての小屋で、
見た目以上に中は広々としているけど
定員の50人も泊まると、中は結構ギュウギュウです{/まいった/}

でも、小屋の横には美味しいお水もありますし
トイレもなかなかキレイですし
ウッディで清潔感のある山小屋でしたよ



基本的に避難小屋みたいなものなので
食堂や売店なんかはありませんし、自給自足が原則です。
(私が行った日はビールが売っていましたが・・・^^)



     小屋から急坂を登って見上げた朝日は格別


 


くどいようですが、ここは完全予約制!
食事とお酒は自分で担ぐ
シュラフは必須(敷き毛布みたいなのはありました)
渡渉の準備も忘れずに
そして今は、幕営出来なくなったと思いますので

ご利用は計画的にぃ~{/パー/}



・・・・と・・・・

ここまで書いておいてなんですが、
危険な山ですので、山荘を利用される方は
平取町HP平取町HP内、観光サイトを必ずご覧下さいね。




人気blogランキングへ
←こうも暑いとここたん連れて山にもいけない・・・
           早く秋空にならないかなぁ~。ポチっと応援を~

コメント

非公開コメント