二ツ箭山 滑落死亡事故を受けて・・・

レポ: 福島県の山
08 /15 2010

福島県いわき市の鋭鋒で霊峰、二ツ箭山(ふたつやさん)で
先日、滑落死亡事故がありました。
心よりご冥福をお祈りいたします。


 


・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜★・。・。☆・゜・。・゜。・。・゜★・。・。☆


二ツ箭山は危険な山なので、
お気軽な体のブログを見て、気軽に行ってほしくはないので
UPするのを控えていましたが・・・

二ツ箭山について、何件かメールをいただきましたので

今回は過去の写真も加えて
出来るだけ忠実に伝えたいと思います。


      コースによっては覚悟が必要となります。





いわき市にある霊峰 『二ツ箭山』
標高700Mそこそこの低山ながら
男体山と女体山という二つの鋭い岩峰を持ち

知る人ぞ知る・・・福島県屈指の名峰です。


急峻な岩場あり、沢歩きあり、垂直鎖場あり・・・
といった、厳しい表情と
尾根に出てからの、気持ちの良い展望と快適な尾根歩き・・・
といった、優しい表情の両方が楽しめる


バラエティにとんだ山歩きが堪能できます。



      尾根コースは3点支持が基本です。



複雑に登山道が交差していて色んなコースが味わえ、

林間コースを進めば、展望こそないものの
直登と岩壁と鎖場の連続でダイナミックな山歩きが楽しめ・・・

沢コースを登れば、暑い季節などは
水を弾きながら爽快な沢歩きが楽しめ・・・

そしてどのコースを進んでもたどり着くことの出来る
岩の女体山、そしてさらに鋭く聳える男体山
2つの奇岩峰は圧巻の一言です。


             天を突く男体山



男体山も女体山も鎖をつたって登るので
注意が必要ですが・・・
岩の上がとても狭いので、登った後に
不用意に気を抜くのが一番危ない気がします。



鎖場は3点支持の基本で注意して歩く、
雨の日や雨の後などは、沢コースは利用しない
基本的なことだけど・・・
私も十分に注意しないとなぁ~と、あらためて感じました。


       岩の上も狭いので注意が必要です。


 


・・・・ちなみに・・・・

二ツ箭山 山頂』は
これらの岩峰とは、まったく別の場所にありまして・・・


登山道から少し入ったところにあるうえに
展望もなく、非常に寂しげな山頂です。


また
二ツ箭山猫鳴山屹兎屋山の縦走路は、
里山の奥深さを堪能できて、さらに魅力的!


とっても素敵な山なので
危険な山だということを十分認識した上で
登りに行ってくださいね。


人気blogランキングへ
←背戸峨廊(せとがろう)も事故多発でかなり危険です。
           里山も注意して楽しみましょう。ポチっと応援を~

コメント

非公開コメント

No title

ちょっとでも疲れると足場の悪いところは危険です。無理はどこでも、老若男女注意と危険の認識が必要ですね。遭難の方には・・・合掌

No title

>Yokohamabaronさん、こんにちは。
3点支持さえシッカリしていれば落ちるところではないのですが、足を踏み外すとビックリして手も離してしまうことがあるらしいです。
意識していればよいのですが、疲れてくると身体異常に意識の方が散漫になってしまうので
私も注意しないといけないと感じました。

No title

これはちょっと考えさせられるね。
僕もブログで書こうかな。

No title

最近多いですね。
このような事故。
本当にご冥福をお祈りします。

No title

>卍さん、こんばんは。
確かに主催者には低山とはいえ、危険な山と言う認識が足りなかったのかもしれませんね。

No title

>コウイチさん、こんばんは。
自分も気をつけないなと思うと共に、切なくなってしまいますね。